“緒手巻”の読み方と例文
読み方割合
おだまき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
跡から機織女緒手巻を持って出て来たところが、其の娘子が脇差で突ッ通すと、女が振髪って眼睛まわしてほっこりきエッたって云いやんすから、跡で聞いたら妹脊山の狂言だッて
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)