“総構”の読み方と例文
読み方割合
そうがま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
総構えにっている甲冑のむらがりは、茫然と、この一箇の振舞いに気をのまれていた、——また、利家父子の姿も、ほとんど時をひとつに、彼方から駈けて来た。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)