“綿利”の読み方と例文
読み方割合
わたり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
綿利八右衛門など一人当千の勇士の面々、火の中にもあれ水の中にもあれ、死出三途主従一緒と思詰めたる者共がり兼ねてツツと躍り出た。
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)