“綱誠”の読み方と例文
読み方割合
つなのぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
定めし、おやじの中将綱誠や兄貴の継友もそのお仲間に交じッて、すこしでも尾張にのいいような主張をしているのだろう。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あの野心鬱勃たるおやじの中将綱誠が、のいい主張ぐらいでめていればいいが、魔がさして、一ツ尾張からお世嗣をなどと大それた気を起したひには大変だ。それこそ他人事ではない。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)