“継友”の読み方と例文
読み方割合
つぐとも100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
定めし、おやじの中将綱誠や兄貴の継友もそのお仲間に交じッて、すこしでも尾張にのいいような主張をしているのだろう。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
荘右衛門が尾張中納言継友に仕へて、芋生の竹腰志摩守の部下に属するに及んで、曾七郎は竹腰氏の家老中西曾兵衛の養子にせられた。中西氏は本氏秋元である。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
それは、尾州家は最初のうちは英主が出たが、いけなくなったのは五代継友あたりからのこと。
大菩薩峠:30 畜生谷の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)