“綯交”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ないまぜ40.0%
なえま40.0%
ないま20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
真実と作為とを綯交にした末造の言分けが、一時お上さんの嫉妬の火を消したようでも、その効果は勿論 palliatif なのだから、無縁坂上に実在している物が、依然実在している
(新字新仮名) / 森鴎外(著)
お山の草叢から、黄腹、赤背の山鱗どもを、綯交ぜに、三筋の処を走らせ、あの踊りの足許へ、茄子畑から、にょっにょっと、蹴出す白脛ましょう。
貝の穴に河童の居る事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
申合わせて三人とも、青と白と綯交ぜの糸の、あたかも片襷のごときものを、紋附の胸へ顕著にした。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)