“絹夜具”の読み方と例文
読み方割合
きぬやぐ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
絹夜具に、入棺の奧方の死骸は、淺ましく寢かされたまゝですが、四十を少し越したばかりの品の良い、がしい顏立ちで、血の氣を失つても、中年女の美しさは、少しの衰へも見せてはをりません。