“夜具縞”の読み方と例文
読み方割合
やぐじま100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
目が覚めたようになってしきりにかせいで、此の長家ながやへ越して来たと見えて、夜具縞やぐじま褞袍どてらを着て、刷毛はけを下げまして帰って来まして
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)