“絶漠”の読み方と例文
読み方割合
ぜつばく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼は愛親覚羅氏が絶漠より起り四百余州を席捲するの大機を洞観し、国防的経綸を画せり。彼は思えり、北狄、支那を呑む、いて我に及ぶ、殷鑑蒙古にありと。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)