“絵付”の読み方と例文
旧字:繪付
読み方割合
えつけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わしとは深い御縁があるので、生き遺物とも思し召し、思い出の地の山水を絵付して、特に丹精をこらしてられた香炉じゃが、寺に納めておけば、末代まで長く什宝として伝わるであろうから——
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)