“経国”の読み方と例文
読み方割合
けいこく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
独り洋外の文学技芸を講究するのみにてその各国の政治・風俗如何かにせざれば、仮令ひ、その学芸を得たりとも、その経国の本にらざるをもつて
福沢諭吉 (新字新仮名) / 服部之総(著)
健康の大事は、治民経国の大事と共に、これの消耗を、夜間の秘戯にスリ減らすほど、愚かでもなかった。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
カヴル経国済世の建設的偉図も、あるいはマジニー一片の革命的檄文かざるものあり。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)