“国経”の読み方と例文
読み方割合
くにつね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
国経には滋幹の外に三人の男子があって、尊卑分脈所載の順序に従えば、長男が滋幹、次男が世光、三男が忠幹、四男が保命となっている。
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
時平或日国経し、酔興にまぎらして夫人はんといひしを、国経もたれば戯言とおもひてゆるしけり。
時平或日国経し、酔興にまぎらして夫人はんといひしを、国経もたれば戯言とおもひてゆるしけり。