“紺錦”の読み方と例文
読み方割合
こんにしき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
演奏者のが皆敷かれて、その席へ院の御秘蔵の楽器が紺錦の袋などから出されて配られた。明石夫人は琵琶、紫の女王には和琴、女御はの十三である。
源氏物語:35 若菜(下) (新字新仮名) / 紫式部(著)