“紫裏”の読み方と例文
読み方割合
むらさきうら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
座敷外に脱ぎたる紫裏吾妻コオトに目留めし満枝は、て知らざりしその内曲の客を問はで止むはざりき。又常に厚くるる老婢は、彼の為に始終の様子をるの労をまざりしなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)