“紅霓”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こうげい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“紅霓”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
爛酔の客が、またもかく言ってうなり出した。その気配を見ると、部屋の真中に大の字になって、いい気持に紅霓こうげいを吹いているらしい。
大菩薩峠:40 山科の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
「右旋して、日輪の魏々として照映する如く、色相金色にして、紅霓こうげい、雷閃の如し。南無、延命、息災の呪法を成就せしめ給え——香気如何」
南国太平記 (新字新仮名) / 直木三十五(著)