“紀僧正”の読み方と例文
読み方割合
きのそうじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御承知でもございましょうが、盛衰記に——柿本紀僧正は日本第一の天狗と成って愛宕山の太郎坊と申さるる也——と見えますのは、当山の太郎坊の縁起とされております。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)