“精随”の読み方と例文
読み方割合
せいずい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ものの哀れが東洋芸術の精随であることは言うまでもない。ドヴォルシャークが、派手なアメリカ人にも、理屈好きのヨーロッパ人にも、瞑想的な東洋人にも喜ばれるのはそのためである。
楽聖物語 (新字新仮名) / 野村胡堂野村あらえびす(著)