“粗葉”の読み方と例文
読み方割合
そは100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「さすが年の功だね、何にも言わずに巻煙草を五六十本半紙にくるんで、失礼ですが、こんな粗葉でよろしければどうぞお呑み下さいましと云って、また湯壺へ下りて行ったよ」
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
粗葉でござりますが……」
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
粗葉でございますが」
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)