“粉骨”の読み方と例文
読み方割合
ふんこつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さればそのつもりでずいぶん粉骨をぬきんでゝくれたら、きっとおの/\を大名にとりたてゝつかわすぞと仰せられ、ひねもす御しゅえんがござりまして
盲目物語 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
が、あらず、それも、へば、がんがために粉骨したまふ、焦身仁王であつた。
露宿 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
(——奥村助右衛門尉、粉骨を尽して働き、堅固に持ちこたえられた由)
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)