“節仙台”の読み方と例文
読み方割合
ふしせんだい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
左側の席の前端に並びたる、威儀ある紳士とその老母とは、顔を見合わせていに色を動かせり。渠は質素なる黒の紋着きの羽織に、節仙台穿きて、その髭は弁者より麗しきものなりき。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)