“管炭”の読み方と例文
読み方割合
くだずみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
端書せよとのはあれど。筆すべも白炭や。ぬ昔の雪の枝炭屋の妻程黒からで鈍き作意の炭手前。曲りなる飾り炭。管炭のくだ/\しけれど。輪炭胴炭点炭と重ねて御求めの有之様
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)