“筒龕燈”の読み方と例文
読み方割合
つつがんどう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まず、稚市を階段の中途に裾えて足でえ、隠し持った二本の筒龕燈を、いつなんどきでも点火できるよう、両手に握り占めた。
白蟻 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)