“筒木”の読み方と例文
読み方割合
つつき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それからまた山城へひきかえして、筒木というところへおいでになり、そこに住まっている朝鮮帰化人奴里能美という者のおうちへおとどまりになりました。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
かように歌つてお還りになつて、しばらく筒木の韓人のヌリノミの家におはいりになりました。
かく歌ひて還らして、しまし筒木一六、名は奴理能美が家に入りましき。