“筑土”の読み方と例文
読み方割合
つくど100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
彼らは筑土を下りて、柿の木横町から揚場へ出て、かねてそこの船宿にあつらえておいた屋根船に乗るのである。
硝子戸の中 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
女はそのときこんどは明らかな逃足になり、川岸を左へ曲り、暗いの木のある筑土の角へ曲ろうとしました、そこは多門の屋敷のある小路だから、多門はいそいでその女の肩さきへ手をかけ
ゆめの話 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
これを東京の九段におられる能小鼓の名人で高林弥九郎という人が見かねて東京に呼び寄せ、牛込の筑土八幡の近くに小さなを借りて住まわせて下すったので父はやっと息をいたという事である。
あやかしの鼓 (新字新仮名) / 夢野久作(著)