“知己朋友”の読み方と例文
読み方割合
ちきほうゆう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
君公藩臣、知己朋友すべて孤独な客心から観れば、一人として恩人でない者はないという気もちもわいたことであろう。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)