“白狗:しろいぬ” の例文
“白狗:しろいぬ”を含む作品の著者(上位)作品数
野村胡堂2
“白狗:しろいぬ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
井崎八郎と白狗しろいぬの勘次は、平次の僞手紙に釣られるとも知らず、宵闇の中を相生町あひおひちやうから深川の方へ向ひました。
壁の穴の向うと此方で、井崎八郎と白狗しろいぬの勘次は話を始めました。
「解りましたよ、親分、——浪人は井崎八郎いざきはちろう北国者ほっこくもので剣術も学問も大なまくらだが、押借おしがりの名人、遊び人の方は白狗しろいぬ勘次かんじという小博奕打こばくちうち、これも筋のよくねえ人間だ」