“画姿”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
えすがた100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“画姿”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 伝説・民話[昔話]3.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それこそ、この世界じゅうで一ばん美しい女ではないかと思われるような、何ともいえない、きれいな女の画姿えすがたです。
黄金鳥 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
人の顔に獣の体を取りつけたような不思議な画姿えすがたであったという。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)