“田舎女”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いなかおんな66.7%
ゐなかもの16.7%
ゐなかをんな16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“田舎女”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語5.8%
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
修道団というものは、カプュサン派やユルシュリーヌ派の修道女にたやすく鋳直された田舎女いなかおんなの重々しい陶器をも喜んで受け入れるものである。
ペルペチュー修道女はありふれた田舎女いなかおんなであり、粗野な慈恵院看護婦であって、普通世間の職につくと同じように神の務めにはいってきたのだった。
何有なあに、たかが知れた田舎女ゐなかものぢやないか!』と、信吾は足の緩んだも気が付かずに、我と我がひるむ心を嘲つた。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
ゆき子は、自分の前に眠つたやうに、頬杖をついて、さしうつむひてゐる女を、馬鹿な田舎女ゐなかをんなだと思つてゐた。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)