“煙水晶”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ケヤアンゴーム100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“煙水晶”を含む作品のジャンル比率
文学 > 英米文学 > 小説 物語1.7%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
痩せてあをい姉娘の方は母親の煙水晶ケヤアンゴームの眼を受け、花やかな、みづ/\しい妹娘は顎とおとがひの輪廓を受けてゐた——多分幾分かはやはらか味はついてゐるが、それでもまだ顏付に何とも云はれぬ苛酷かこくなところが表はれてゐた。