“無代価”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ただ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“無代価”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「それではたった一つお尋ね致します。それを答えて下さればこのお金は要りません。その品物はみんな無代価ただであげます」
豚吉とヒョロ子 (新字新仮名) / 夢野久作三鳥山人(著)
「これあ大変なお客様だ。折角無代価ただで乗ってもらおうと思っているのに、二人共乗れないとは困ったな」
豚吉とヒョロ子 (新字新仮名) / 夢野久作三鳥山人(著)