“淑芳”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しゅくほう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わたくしの姓はあざな麗卿れいけい、名は淑芳しゅくほうと申しました。
素性すじょうを聞くともと奉化県ほうかけん州判しゅうはんむすめで、姓は、名は麗卿れいきょうあざな淑芳しゅくほうじょちゅうの名は金蓮きんれんであると云った。
牡丹灯籠 牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
わたくしの姓はあざな麗卿れいけい、名は淑芳しゅくほうと申しまして、かつて奉化ほうか州のはん(高官が低い官を兼ねる)を勤めておりました者の娘でございますが、父は先年この世を去りまして、家も次第に衰え
世界怪談名作集:18 牡丹灯記 (新字新仮名) / 瞿佑(著)
私の姓はで、名は淑芳しゅくほう
牡丹灯籠 牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
「私は湖西に住んでいる者でございます、もとは奉化ほうかの者で、父は州判でございましたが、その父も、母も亡くなって、家が零落しましたが、他に世話になる、兄弟も親類もないものですから、これと二人で、毎日淋しい日を送っています、私の姓はで、名は淑芳しゅくほうあざな麗卿れいきょうでございます」
牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)