“浅夜”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あさよ80.0%
あさよる20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“浅夜”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ほのしろき浅夜あさよ不二ふじなれ帆柱の高きは青きをぞけたる
海阪 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
はやりかぜをおそれいましめてしぐれ来し浅夜あさよの床に一人寝にけり
つゆじも (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
まだ浅夜あさよるであったので、大津の町は賑わっていた。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)