“水紅”の読み方と例文
読み方割合
とき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
薙刀のき刃のように、たとえば片鎌の月のように、銀光を帯び、水紅ときうすものして、あまかける鳥の翼を見よ。
神鷺之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
あらわにその長襦袢に水紅とき色の紐をぐるぐると巻いたなりで、牡丹の花から抜出たように縁の姿見の前に立って、
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
くれないでない、水紅ときより淡い肉色の縮緬ちりめんが、片端とけざまにゆるんで胸へふっさりと巻いた、背負上しょいあげの不思議な色気がまだ目に消えない。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)