“柔煮”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やわらかに66.7%
やわらに33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“柔煮”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
牛蒡ごぼう柔煮やわらかに 春 第八十五 軽い鍋
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
お登和嬢は妻君のたのみに黙しがたく「章魚たことおいも柔煮やわらかには随分美味おいしいものですがチットお昼の間に合いません。晩の副食物おかずですね」妻君「晩でもようございます。晩までには宅も旅から戻りましょうから」と良人おっとの御馳走に供せんつもり。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
章魚たこ柔煮やわらに 春 第二十二 芋章魚いもだこ
食道楽:冬の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)