“松枝”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まつがえ60.0%
まつえだ40.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
膝にきたる骨太の掌指は枯れたる松枝ごとき岩畳作りにありながら、一本ごとに其さへも戦〻顫へて一心に唯上人の一言を一期の大事と待つ笑止さ。
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
土人一に馬鹿谷といふ。城主より撫院迎接の為に山上に茶亭を作る。皆松枝青葉を樊籬屋店を作る。欽明寺坂を下りて四里久賀本郷駅なり。駅の南に嵯峨として聳たる嶺見ゆ。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
松枝宿に泊りました、其の頃お大名のお着きがございますと、いゝ宿屋は充満でございます。
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
松枝さん、あなたは宝石とゴルフがおすきのようですね。」
黄金豹 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)