“朱肉”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しゅにく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“朱肉”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
朱肉しゅにく色の生雲丹なまうにのあとで、苦蓬エストラゴンをいれたジェリィの鳥肉が出てくる。それから、凍甜菜カンタループ・グラッセ
キャラコさん:05 鴎 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
先日の雪の絵はなかなか良いが、あの判を貴方あなたの所の朱肉しゅにくで押されてはちょっと困る。別便で朱泥しゅでいを少々送ったから、今後はそれを使ってもらいたい。それから墨もあの墨では困る。唐墨を一本送ったから、それで今一枚雪の絵を描いてもらいたい。
南画を描く話 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)