“新曲輪”の読み方と例文
読み方割合
しんぐるわ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
東は、いちめんの竹林帯や耕地荒地。——そして三方に高い城壁をめぐらし、本丸、二の丸、新曲輪の三部を中心に、附近の丘にはなお点々と、数ヵ所の防塁を備えている。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この伏見城の土木へ日稼ぎに来る労働者の数だけでも、千人に近かった。その多くは、新曲輪の石垣工事にかかっているのである。伏見町はそのせいで、急に、売女馬蠅と物売りが
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)