“新勝寺”の読み方と例文
読み方割合
しんしょうじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
妾実は家も骨内もない孤児だが、ふと君を一日らせてより去りがたく覚えた熱情の極、最前のようないたも、お前と夫婦に成田山早く新勝寺を持って見たいと聞いて