“しんしょうじ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
新勝寺50.0%
新生寺50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
妾実は家も骨内もない孤児だが、ふと君を一日らせてより去りがたく覚えた熱情の極、最前のようないたも、お前と夫婦に成田山早く新勝寺を持って見たいと聞いて
園部の新生寺の住職——それは亡夫の伯父なのだ——が急死したという電報を受取ると直ぐ東京から馳けつけて来て、この三日間というもの、通夜だ、葬式だ、とおちおち眠る暇もなかった。
むかでの跫音 (新字新仮名) / 大倉燁子(著)