“摺脱”の読み方と例文
読み方割合
すりぬ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何とかして一日も早く接近したいが、如何も顔を合せると、物が言えなくなる。昼間廊下で行逢った時など、女は小腰をめて会釈するような、せんような、曖昧な態度で摺脱けて行く。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)