“摺扇”の読み方と例文
読み方割合
しょうせん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
長さ一尺余、一頭はり一頭はく広く五、六寸ばかり、摺扇を微しく開く状のごとし、肉の中央に一の肉柱あり、色白くして円に、り一寸ばかり、大なるものは数寸に至る。