“援引”の読み方と例文
読み方割合
えんいん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
れども彼を援引したるものは、実に儲君論その主眼にして、彼は実に一橋党のために擁せられて、ここに至りたるを忘るべからず。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
如何に彼が大奥の援引によりてその位を固うしたるにせよ、如何に彼が苟安偸取したるのりは免るべからざるにせよ、如何に因循姑息の風を馴致し、また馴致せられ
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)