“援隊”の読み方と例文
読み方割合
えんたい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
月輪の援隊、三十一人が三人に減ったその残剣一同、首領月輪軍之助、各務房之丞、山東平七郎……これが左膳とともに駕籠を駆って来ていた。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)