“援将”の読み方と例文
読み方割合
えんしょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
叔父の織田信照や佐久間甚九郎正勝などにまかせ、にわかに清洲へ移ったことも沙汰され、同時に、徳川方の援将として、水野忠重とか酒井重忠などの手勢が、疾風
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)