“提箱”の読み方と例文
読み方割合
さげばこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
銀蠅の飛びまわる四部屋は風も通らず、ジーンと音がするように蒸し暑かった。種吉が氷いちごを提箱に入れて持ち帰り、皆は黙々とそれをすすった。
夫婦善哉 (新字新仮名) / 織田作之助(著)