“揉挿”の読み方と例文
読み方割合
もみさ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さんが突掛け草履で、片手を懐に、小楊枝を襟先へ揉挿しながら、いけぞんざいに炭取をいで出て、敷居越に立ったなり、汚点のある額越しに、じろりと
菎蒻本 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)