“掻頭”の読み方と例文
読み方割合
かんざし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まずネ、お下着が格子縞の黄八丈で、お上着はパッとした宜引縞いいしまの糸織で、お何時ものイボジリ捲きでしたがネ、お掻頭此間出雲屋からお取んなすったこんな
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)