“推潰”の読み方と例文
読み方割合
おしつぶ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
垢だらけの胸をけて乳をやる母親は、鼻が推潰した様で、土に染みた髪は異な臭気を放つて居たが、……噫、浅間しいもんだ、那麽時でも那麽気を、と思ふと其
病院の窓 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)