“接穗”の読み方と例文
新字:接穂
読み方割合
つぎほ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二人は又接穗なさに困つた。そして長い事默してゐた。吉野はう顏のりも忘られて、醉ひ醒めの侘しさが、何がなしの心の望と戰つた。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
默つて俯向いた靜子の耳が燃える樣だ。清子は、少し惡い事を云つたと氣がついて、接穗なくこれも默つた。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)