“掛井手”の読み方と例文
読み方割合
かけいで100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
平線儀は、その頃田畑用水掛井手溜池などを築くときに水盛違いで仕損じるのを防ぐためなのでした。
平賀源内 (新字新仮名) / 石原純(著)